コースガイド

日向灘に面し、黒松林によってセパレートされた高千穂、住吉、日南の3コース・27ホールから構成されているコース。
深いガードバンカーのほか、シーサイド特有の海風、空中のハザードにもなっている松の木。
そして、国内では稀少な洋芝など、戦略性に富んだ日本が誇るコースです。

● 開場日:1971年3月24日
●コース規模:27ホール / 10,262ヤード / パー108
●設計・監修:大橋剛吉、大橋貞吉
●グリーン芝:ペンリングスベントグラス(ベント芝)
●コース面積:990,000㎡

INDEX

表示切替

高千穂コース

ストレートなコースが多いが両サイドに松林が利いて正確性が求められるコース。


住吉コース

ダンロップフェニックストーナメントで、数々のドラマを生んだコース。


日南コース

正確性・戦略性を求められ、クラブ選択や風の読みがスコアを左右するコース。