第25回宮崎国際音楽祭

宮崎には音楽の咲く季節があります

4月29日から5月17日の19日間、メディキット県民文化センターをメイン会場に、海外からの演奏家や国内外で活躍中の演奏家を迎えお届けする音楽祭が開催されます。

今年で、四半世紀を迎える第25回宮崎国際音楽祭は、ヴァイオリンの巨匠、故アイザック・スターン氏を招き1996年3月にスタートしました。

今回の出演者には、スターン氏に縁の深い愛弟子であり、今や巨匠のピンカス・ズーカーマン氏(ヴァイオリン・ヴィオラ・指揮)、スターン氏の提唱した「アジアの演奏家による、質の高い演奏」を体現するチョン・キョンファ氏(ヴァイオリン)。2017年よりNHK交響楽団のゲストコンサートマスターを務めているライナー・キュッヒル氏(ヴァイオリン)、若手演奏家の育成に熱意を注いだ、スターン氏の意思を受け継ぐ教育プログラム「ミュージック・アカデミー in みやざき」から巣立ち、世界的に活動する演奏家となった三浦文彰氏(ヴァイオリン)。

そして、この出演者達をまとめるのは、1996年第1回より当音楽祭の総合プロデューサー、2011年からは音楽監督を務める徳永二男氏。

今年は、「新しい宮崎らしさをもとめて ふるさとを音祝(おとほ)ぐ」をテーマに掲げ、宮崎でしか聞くことのできない多彩なプログラムをお届けします。どうぞお楽しみください。

INDEX

お知らせ

一部を除くプログラムの延期のお知らせ

新型コロナウィルス感染症の海外での感染拡大の状況をうけ、第25回宮崎国際音楽祭で実施を予定していたプログラムのうち、下記3公演以外のプログラムが8月に延期となりました。

■シリーズ「Oh!My!クラシック」~そうだったのか!!池上彰、その人と音楽~
■気軽にクラシック「500円コンサートの日」
■-サテライト・コンサート in 門川-「徳永二男とコンサートマスターズ」

詳細につきましては、「第25回宮崎国際音楽祭」の公式サイトをご確認ください。
公式サイトはこちら

概要

■期間 / 2020年4月29日(水・祝)~5月17日(日)の19日間
■会場 / メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)ほか
■主催 / 宮崎県・公益財団法人宮崎県立芸術劇場
■共催 / 宮崎県教育委員会

公式サイトはこちら

スペシャルプログラム

フェニックス・シーガイア・リゾートプレゼンツ
三浦文彰の挑戦「バッハからガーシュインへ」

若き俊英、三浦文彰が挑戦するジャズへのアプローチ クラシックの垣根を越える新しい演奏会を試みます。

■日時 / 8月に延期になりました ※日時未定

■会場 / メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール

■演奏/ ヴァイオリン:三浦文彰 チェロ:ヨンソン ほか

ピクチャーツリー

過去の音楽祭の様子をパネルにしたピクチャーツリーが、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート館内に設置されます。ぜひご覧ください。

※延期になりました